結婚式はお金がかかる

某ブライダル事業の大規模な調査によると、結婚式費用の全国平均は約350万円というデータが出ています。しかし、このような額はあまり資産のない若者にとっては、莫大な出費となります。そこのような多額な出費は特に婚約指輪にて既に相当なお金をかけているような男性層には大きな出費となってしまい、結婚をためらう要因にもなります。

ジミ婚カップルや式をしないカップルが増加

昭和時代は相当な確率で、1組のカップルが結婚するとなると高い確率にて盛大な結婚式が開催されてきました。しかし、平成に入って若者の価値観がどんどん変化してきて、多額のお金をかけて式を挙げる意味が分からないという事で、低コスト・少人数で小規模な式を挙げる「ジミ婚」がまず文化として定着しました。そこからまた若者の価値観は変化していき、今では少人数の式すら行わす、スタジオにてウェディング写真を撮影し、翌年の年賀状にて写真入り年賀状を送る形で結婚報告をするようなカップルが増えています。

お金に余裕が出来てから式をするという手もある

近年、新たな流れとして、入籍時には結婚式を挙げず、入籍から1年後または数年後など、だいぶ時間が経過してから結婚式を開催するようなケースが有名人の間・一般人の間で増加しています。そして、このムーブメントは日本において急速に定着してきています。そのため、入籍時にはお金に余裕がないものの、小規模でいいのでけじめとして結婚式を挙げたいという場合は、入籍と同じタイミングで行うことには拘らず、お金に余裕が出来てから開催する、という形もおすすめです。

結婚式場を神奈川で探すには、横浜エリア、みなとみらいエリア、川崎エリア、鎌倉エリアなどの場所があります。場所により金額なども変わってきます。