前撮りは必要?前撮りがお勧めな2つの理由

和装と洋装、どちらも着たいのならば前撮りを

結婚式は新郎と新婦が主役になる、当人にとってとても特別な式になります。和装にしても洋装にしてもその衣装は結婚式で新郎と新婦しか着ることのできない衣装です。どうせならどちらも着てみたいと思うでしょう。しかし、結婚式当日に洋装も和装も着るとなるとかなり大変です。そのため、多く人はどちらか一つの衣装を選びます。そうすると、選ばなかった衣装を着なかったことを後悔する可能性があります。そんな時に前撮りで式当日に選ばなかった衣装を選べば、どちらも着るという願いをかなえることができるのです。写真で残すことができれば一生の思い出になります。結婚式でしか着ることができない衣装なので、ぜひ前撮りでどちらも挑戦することをお勧めします。これが前撮りを勧める一つの理由です。

ゆっくり写真におさめることが可能

もう一つは、式当日だと思った写真を撮ることができない可能性があるためです。式当日は緊張もしてますし、長丁場になるため、いい写真が撮れない可能性があります。その点、前撮りだと写真を撮るために衣装を着るのでゆっくりと時間をかけて思い通りの撮影ができます。もし、思い出の場所があるのならばそのロケーションの中での撮影ができるのも前撮りの魅力です。また、当日と違う衣装を着ることも可能ですので、複数の衣装候補があるのならば、その一つで撮影するのもいいでしょう。早めに撮影して式当日に来賓の控室などに飾っておくと、招待した人の目を楽しませることもできます。

以上の2つの理由から結婚式を挙げるのならば前撮りをすることをお勧めします。

結婚式や成人式の前撮りを京都でしてみませんか?京都にはたくさんのお寺や神社があり、素敵なロケーションで撮影することができます。