婚約指輪の意味合いや贈るタイミングについて

婚約指輪と結婚指輪について

結婚指輪とは結婚式の際に贈り合い、その後、毎日左手の薬指につけておくものです。婚約指輪とはそういったものではなく記念品的に贈るもので、シンプルなデザインの結婚指輪とは違って指輪に宝石が施されているのが最大の特徴となります。

婚約を贈るタイミング

婚約指輪とは基本的にはプロポーズの際に贈るものですが、結婚指輪とは違って宝石がついているため高額になります。そのため、常日頃から無駄な消費には気を付けてお金を貯め、出来る限り素晴らしい指輪を買えるように努力しなくてはなりません。なお、婚約指輪を贈るタイミングについては、時代の流れの中で変わってきているところがあります。具体的には、プロポーズの際には花など指輪以外のものを贈り、指輪は男性側が選ぶのではなく女性側に自分の好きなものを選んでもらう形も増加傾向です。この際、予算をあらかじめ女性側にいうよりも何も言わずに好きなものを選んでもらう形のほうがおすすめといえます。もし選んだものがあまりにも高額すぎる場合は他のものにしてもらう事も検討しなければなりません。しかし予算を少しオーバーしているくらいであればムードを壊さないように望み通りの物を買ってあげたほうが良いでしょう。クレジットカード1回払いで購入したのちカード会社WEBサイトで支払い方法をリボor分割払いに変更し、少しずつ払って行けば問題ないはずです。

婚約指輪は省くという手もある

婚約指輪とは記念品的なもので実用的ではないため、結婚指輪だけ贈って婚約指輪は贈らないという形をとる若いカップルも増加中です。婚約指輪を贈る事を省いた場合は、浮いたお金を家具・家電を買い揃えるお金に回したり、より豪華なハネムーンに行く事に役立てる事が出来ます。

婚約したら婚約指輪を贈るのは当然と思われがちですが、あくまで気持ちの問題なので絶対に必要なものではありません。結婚するふたりがお互いに必要ないと思えば、購入しなくても構わないのです。